関西画廊は大阪市北区堂島に昭和34年の開廊以来、珠玉の名品とともに約160名の日本画家・洋画家による作品約350点を取扱い。現存作家の新作から物故作家の名品までの在庫がございます。 

お勧め作家:上村淳之

お勧め作家:上村淳之(うえむらあつし)

「雪の日」4号
「雪の日」4号
仔雀と・サムホール
「仔雀と」サムホール


「大瑠璃」3号
「大瑠璃」3号
「錦秋」24.3×66.8㎝
「錦秋」24.3×66.8㎝


「深山頰白」3号
「深山頰白」3号
102.7%「花野」24.3×66.8㎝
「花野」24.3×66.8㎝


画 歴
1933年  上村松篁の長男として京都に生まれる
1959年  京都市立美術大学専攻科を修了
1960年  新制作協会日本画部春季展で春季展賞受賞
1961年  京都市立美術大学助手となる
1968年  第32回新制作協会展で新作家賞受賞、会友となる
1972年  京都市立美術大学助教授となる
1975年  「松園生誕100年記念 上村松園・松篁・淳之三代展」が上野松坂屋で開催される
1978年  第5回創画展で創画会賞受賞(’80同受賞)
1981年  創画会会員となる
1984年  京都市立芸術大学教授となる
1985年  「上村淳之花鳥画自選展」が大丸心斎橋店で開催される
1989年  「美の流れ三代 上村松園・松篁・淳之展」(高島屋各店巡回)
        「上村淳之画集」(求龍堂)刊行される
1992年  「花鳥画の世界―上村松篁・淳之展」(平塚市美術館)
        第10回京都府文化功労賞に選ばれる
1993年  「風・花・鳥 上村松篁・淳之展」がパリ三越エトワールで開催される
1995年   「雁金」に対して日本芸術院賞が授与される
1999年  京都市立芸術大学を定年退官 名誉教授となる
        京都市立芸術大学副学長に就任する(`02年退任)
        京都文化功労者顕彰
2001年   「風花雪月 上村淳之展」が高島屋で開催される
2002年  日本芸術院会員となる
2007年  「画業50年 上村淳之展」開催(パリ・東京・福岡・名古屋三越) 
2010年  平城遷都1300年/大極殿正殿壁画連作制作
        「喜寿記念 上村淳之展」開催(京都・大阪・横浜・東京・名古屋高島屋)
2012年  「傘寿記念上村淳之展」開催 (日本橋高島屋 ’13 京都高島屋)
2013年  文化功労者顕彰
現   在  日本芸術院会員 文化功労者

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional